泉会

お問い合わせ | サイトマップ | ユーザー登録 | ログイン

泉会本部より

川越キャンパス開設50周年記念式典のご案内

川越キャンパス開設50周年記念式典のご案内

東洋大学川越キャンパスは開設50周年を迎えます。
ここ川越に「産学協同」を掲げて工学部を開設し、「ものづくり」を支える人材育成を行ってきました。平成21年度から理工学部と総合情報学部の2学部体制として次世代に向けた新たな展開を始めています。

50年という節目の時を迎えるにあたり、川越キャンパスの新たな進化へのステップとするべく、10月1日(土)に記念式典・記念講演・記念シンポジウムを開催することといたしました。

午前の部は記念式典・記念講演会で、記念講演では産学協同を旗印に開設された川越キャンパスに所縁ある科学技術振興機構研究開発戦略センター長の吉川弘之氏に、日本の産業を支えてきた科学技術力が問われている昨今、復興と再生に向け、科学者はどう立ち向かうべきか、わが国の科学技術の将来についてお話を伺います。

記念式典・記念講演終了後は、学生フォーラムを開催し、今後の50年を担う若者により、新しい東洋大学、新しい川越キャンパスを語り合います。

午後の部は、記念シンポジウム「50年間―これまでとこれから」をパネリストからの話題提供の後、学生フォーラムで語った内容も加えディスカッションを行います。
 
10月1日は50年前に開学式を開催した記念すべき日でもあり、卒業生、在校生、教職員、近隣地域・企業関係者が互いの交流し、川越キャンパスのこれまでとこれからを共に語り合い、新たな川越キャンパスの発展を考える場としたいと思います。

卒業生の皆様にも是非ご参加いただき、在学中の思い出と川越キャンパスの移り変わりを実感していただきたいと思います。

■午前の部 
記念式典・記念講演
10:30-11:00 記念式典
11:00-12:00 記念講演
        「わが国の科学技術の将来〜復興と再生に向けて〜」
        独立行政法人科学技術振興機構 
        研究開発戦略センター長 吉川 弘之 氏

■午後の部 
第一部 記念シンポジウム
13:00-15:30
「先端理工学のこれまでとこれから」吉田 泰彦 教授(理工学部長)
「ICT人材育成のこれまでとこれから」 大場 善次郎 教授(総合情報学部長)
「大学と卒業生のこれまでとこれから」熊井 文孝 氏(川越キャンパス連合育成会会長)
「アジアのものづくり国際化のこれまでとこれから」神田 雄一 教授(東洋大学副学長)

第二部 川越キャンパス50年の歩み
15:30-16:00

第三部 記念祝賀会
16:00- 学生ホール食堂棟にて

 

日時:2011年10月01日(土) 10:30〜16:00

場所:川越キャンパス 4号館2階421教室

主催:川越事務部

備考:申込不要、参加無料

泉会本部

WEBMASTER 2011/9/21 13:26 WEBMASTER 2011/9/21 13:52

「旧鶴川座再生計画案」応募案内

「旧鶴川座再生計画案」応募案内

本年度も旧川鶴座で「東洋大学建築学科まちかど講評会(旧鶴川座再生提案展)」が7月16日(土)〜18日(月・祝)に開催されます。また今回は企画展示として「旧鶴川座再生提案展」が同時開催される予定です。

 

現在、建築学科では大学院生有志及び東京電機大学建築学科等への公募を行っているようですが、当会会員の皆様への告知依頼がありましたので掲載いたします。

 

参加資格は特に定めず、自由参加・自由提案となりますので奮ってご応募頂けると幸いに思います。

 

参加登録期間:2011年6月10日(金)〜2010年7月1日(金)
<東洋大学理工学部助手室にて書類配布、及び書式提出>・図面配布

 

作品提出:2011年7月13日(水)12:00必着<東洋大学理工学部助手室>

提出物:A1縦使いパネル化、別途模型提出可<提出物の返却を行わない事を前提とする>

 

現地見学会:2011年6月11日(土)、18日(土)<両日現地集合10:00->

 

特別講義:2011年6月22日(水)19:00-20:00<東洋大学理工学部2号館中央アトリエ>
「旧川鶴座、劇場の再生について」
講師:福田喜文(NPO法人 川越蔵の会)、馬場崇(東洋大学建築学科非常勤講師)

 

講評・授賞式:2011年7月18日(月・祝)

 

<※応募される場合はsasayama@toyo.jp宛て電子メイルにてお問合せください>

WEBMASTER 2011/6/13 14:50 WEBMASTER 2011/6/13 15:01

2010年度 卒業設計展

2010年度 卒業設計展

今年度の卒業設計から優秀作品を選抜し展示します。
多くの方のご来場をお待ちしています。
会期:3月25日(金)〜31日(木)10:00〜18:00

[3月26日(土)はINAX:GINZA休館日ですが展覧会会場のみ開館します]
[3月27日(日)は全館休館です]
[最終日は17:00で終了します]

会場:INAX:GINZA 7Fクリエイティブスペース
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-18

また以下の日時にオープニングと講評会を行います。
ゲストに建築家の末廣香織氏と五十嵐淳氏をお招きします。
3月25日(金)18:00〜21:00

詳細は建築学科のWEBサイトをご参照下さい。
http://team-6.eng.toyo.ac.jp/arc/

 

※上記卒業設計展は東北地方太平洋沖地震の影響を考慮し中止となりました。この災害により被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げます。
(2011.03.18更新)

WEBMASTER 2011/3/7 18:41 WEBMASTER 2011/3/18 14:20

「第10回卒業設計コンクール」で最優秀賞を受賞

「第10回卒業設計コンクール」で最優秀賞を受賞

この3月に理工学部建築学科を卒業した三浦雄斗さんの卒業設計作品『残し、つながる』(2009年度泉会賞)が、埼玉県建築設計監理協会が主催する「第10回卒業設計コンクール」で最優秀賞を受賞しました(2010年4月25日発表)。また、あわせてJIA埼玉賞も受賞し、今秋11月に行われるJIA卒業設計展(日本建築家協会による全国学生卒業設計コンクール)への出展資格も獲得しました。

 

■作品名:『残し、つながる 〜浪速型コミュニティ深構築〜』

昭和初期に建てられ、2006年に取り壊しになった大阪・下寺住宅跡地が敷地。この集合住宅は、長い年月の間に住居者自身の手でさまざまな増改築がおこなわれ、住まい手の息吹を感じることのできる集合住宅として有名だった。多くの住居には、窓や壁から住戸スペースでは補いきらない用途が外に出たコモンスペース「出し家」があり、それによって昔ながらの近所付き合いが行われていたが、現在は失われている。
歴史と既往研究を充分に消化した上で、「出し家」がもっていた魅力を受け継ぎつつ、快適な居住環境と豊かな人間関係を目指して、建て替え前の空間を再編成した活気あるプランを提案した作品。当敷地だけでなく日本全国のさまざまなコミュニティへの提案も含んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お年寄りの孤独死など、荒んだコミュニティ社会が生み出す閉鎖的な団地問題を『浪速のコミュニティ』を用いて解決できないだろうか―そんな思いを作品に込めた」という三浦さん。「卒業設計に対する思い」をかたちにするための工程管理が、もっとも苦労したことだそうです。

作品のテーマとなった下寺住宅に出会ったのは高校3年生の時とのこと。今回の高い評価も「選定敷地と、とても深いお友達になっていた点ではないか」という、彼ならではの表現で強い思い入れを語ります。
担当教員の勝瀬義仁講師も、「彼の4年間というのは、この一線にあったというくらい大阪にこだわって頑張ってきた。そういうところが彼の集大成としてできた」とコメントしています。

現在、設計事務所に勤務する三浦さん。まずは設計競技の全国大会で1位を獲得することを目標に、頑張っているそうです。

WEBMASTER 2010/5/17 17:16 WEBMASTER 2010/5/17 17:16

2009年度 卒業設計展

2009年度 卒業設計展

今年度の卒業設計の中から選ばれた優秀作品を展示いたします。
年度末のお忙しい中ですが、多くの方に足を運んでいただき、ご感想をいただければ幸いです。

会期:3月25日(木)〜3月30日(火)10:30〜19:00
会場:リビングデザインセンターOZONE 7階 リビングデザインギャラリー
住所:〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー

WEBMASTER 2010/3/16 23:10 WEBMASTER 2010/3/16 23:12