泉会

お問い合わせ | サイトマップ | ユーザー登録 | ログイン

同窓生だより

「幹事会に参加して」 (39期 新井 崇章)
大学を卒業し社会人になってから早、4年目となりました。現在、先輩の事務所に勤めております。
 今年、初めて後輩(東洋大学卒)もでき、今までの一番下の立場と違い、これからは自ら考え動かないといけない立場もできました。また泉会の幹事に加えていただき、大人として成長しなければならないと痛感しております。
 先日、初めて泉会の幹事会に参加させていただきました。その際に泉会の会長の長峰さんとお話しする機会があり、「現役学生を含む若い世代の参加・交流」という事について話をさせていただきました。時々、事務所にオープンデスクやアルバイトで学生がくるのですが、泉会の存在自体を知らない学生や、知っていても何をやっているのかを知らないというのがほとんどです。かく言う私自身、幹事会に参加させていただくまで、寄附講座以外、どういった事をしているのか知りませんでした。
 幹事会や総会でも私と近い世代の方はおらず、泉会・学生相方でお互いの実態がまったくわからないのではないでしょうか。工学部全体の同窓会ができる今、泉会の存在意義をはっきりさせる為に現役学部生の参加が必要だと感じました。また、世代間の橋渡しの為にも、私たちの世代や下の世代の積極的な参加が必要なのではないのでしょうか。
WEBMASTER 2007/11/6 00:32 WEBMASTER 2007/11/7 14:05